フーディニストの日記(仮)

ポケモンのレートやインターネット大会の構築の紹介をするブログ

【SMS3雑記】 メガフーディン軸改 【最高&最終2009 286位】

日記(大嘘)

セカンド(@Secondpoke2047)です。サンムーンS3お疲れ様でした。

シーズン2の構築から大きくは変わってないので長々とは書きませんが変更点だけさらっと書いておきます。

f:id:Secondpoke2047:20170515194619p:plain

エンテイOUT→バシャIN

【個別紹介】

f:id:Secondpoke2047:20170321171846g:plain

フーディン@フーディナイト

特性:マジックガード(メガ前)→トレース(メガ後)

性格:臆病

メガ前:137(52)-49(A個体値0)-91(204)-156(4)-116(4)-188(244)

メガ後:137(52)-49(A個体値0)-111(204)-196(4)-126(4)-221(244)

サイコキネシス  きあいだま

アンコール    まもる

努力値調整

大天使さんのBSフーディンからSを1落として準速スカーフテテフ抜きにしてCとDに振り分けただけ。

前の調整よりSが上がったことで周りのポケモンで適当に6割ぐらい削ってフーディンで上から倒すことができるようになったためスカーフテテフがそんなに重くなくなったのがとても楽だった。

メガフーディンといえば守る→金縛りのイメージがあるため、守ることで相手が次ターン金縛りを警戒してくれることがあり、相手にメインウェポンを撃たせないことも多々あった。

ステロ+サイキネでメガリザYが落ちない時があるのが玉に瑕。

f:id:Secondpoke2047:20170321182717g:plain

サンダー@たつじんのおび

特性:プレッシャー

性格:控えめ

197(252)-94(A個体値20)-120(116)-165(36)-121(84)-123(20) ※王冠使用

ボルトチェンジ ねっぷう

めざめるパワー氷 はねやすめ

シーズン初めの頃は前シーズンの流れでスカーフで使っていたがプレッシャースカーフの弱さが判明(スカーフテテフ対面で特性の発動順でSバレしてランドに引かれて負けた)してそれからしばらくは図太いHB静電気ゴツメの個体で使用していたが、やはり火力が足りなかったりZ技で接触してくれなかったりそもそも環境的に特殊型のポケモンが多かったりでHBがあまり活きなかったので、サンダーを活かせる道を探していたところ、このブログ↓

zakurichpoke.hatenablog.com

を発見。Dをちょっと下げてSを最速60族抜きにして使わせて頂いた。

 この個体に変更してから悠長に舞ってくるマンダを落とせたり、想定外の火力からメガネやスカーフを想定した動きをされることも多く、数値以上の活躍が出来てよかった。

サンダーの強さは耐久型のイメージが強いため基本耐久型を想定された動きをされるところにあると思った。

f:id:Secondpoke2047:20170321190657g:plain

ハッサムハッサムナイト

特性:テクニシャン→テクニシャン

性格:意地っ張り

メガ前:175(236)-182(124)-127(52)--112(92)-86(4)

メガ後:175(236)-204(124)-167(52)--132(92)-96(4)

バレットパンチ  ぶんまわす

つるぎのまい   はねやすめ

前シーズンから変更ナシ。ミミッキュ避けのお守り

個人的にシーズン2の頃よりかなり動かしにくいように感じた。

どこからでも炎技が飛んできてそのまま試合が終わるためシーズン終盤での選出率はかなり低かったが、コケコランドグロスを崩すのに一役買ったりレヒレと合わせて剣舞ブン回すでブルルドヒドイデを無理やり崩したりした。

鋼+悪技の攻撃範囲はかなり優秀だと以前キリキザンを使っていた時にも思っていたが、やはりとんぼ返りも欲しくなる場面も多かったが、切る技がなかった

このパーティに出てくるゲッコウガはほぼめざ炎持ってると思ってよかった。

f:id:Secondpoke2047:20170517213515g:plain

バシャーモ@ホノオZ

特性:かそく

性格:陽気

155-172(252)-90--91(4)-145(252)

フレアドライブ  とびひざげり

おにび      まもる

シーズン終了二日前にエンテイに変わって急遽登板。

理由としてはスカーフテテフがフーディンの素早さを上げたことによってそんなに重くなくなっていたことに気づいたことと、エンテイの攻撃範囲が微妙に噛み合ったなかったことと、格闘技持ちがフーディンの気合玉しかなくポリ2やらラッキーやらブラッキーやらがしんどかったこと。

努力値振りと技構成はafouさんのバシャーモ丸パクリ参考にさせてもらった。こいついつもパクってんな

ガブでステロを撒いてサンダーかレヒレで相手を削り、フーディンバシャーモの一貫を作っていく動きがとても強かった。さすがバシャーモといえるほどの強さだった

有利対面を作って相手を引かせやすいので、受けに来るマンダランド辺りに交換読み鬼火を当てに行きやすいのも強かった。

エンテイの枠をこいつに変えた途端に1900~1950を彷徨っていたときからレートが一気に上がって2000チャレンジも一発で成功した。(2000チャレンジの試合には選出していなかったが)

そのためバシャーモ入りの試合数自体は実質10試合程度しかなかったが、それでも強さはかなり実感できた。もっと早くに気づいていればよかった

f:id:Secondpoke2047:20170321201220g:plain

ガブリアスきあいのタスキ

特性:さめはだ

性格:陽気

183-182(252)-116(4)--105-169(252)

じしん      がんせきふうじ

ステルスロック  どくどく

特に前シーズンから変更ナシの主人公。主にカバクレセポリ2辺りを誘って毒を入れてステロを撒くのがお仕事。

毒はほぼ読まれないので大体刺さってくれる。当たれば。

以前よりガブリアスがかなり動かしにくくなっているのを露骨に感じたシーズンだった。というかドラゴンタイプが邪魔

でもランドロスマンムーよりガブの方が好きなので使いたかった。そういう拘りも大事にしていきたい。

f:id:Secondpoke2047:20170321202740g:plain

カプ・レヒレ@たべのこし

特性:ミストメイカー

性格:図太い

175(236)-72(A個体値2)-183(252)-115-150-108(20)※王冠使用

ハイドロポンプ  ムーンフォース

しぜんのいかり  ちょうはつ

普通のHBレヒレ。

バシャとレヒレは一緒に出したくなることも多かったのでカプZから食べ残しにした。

ステロ+ムンフォでリザXが落ちなくて雷パンチでやられた事があったので、塩水をドロポンに変更した。

結果としてドロポンが外れて負ける試合もあったが、大幅に個体数を増やしているように感じたカバルドンへの遂行速度を上げることもできたのでこれで良かったと思う。

調整して努力値振り直しするのがめんどくさかったのでやらなかったのだが、パーティ単位で初手に出てくるキノガッサが重すぎるため最速70族抜きにしたほうがいい感じがした。

個別紹介は以上です。

【総評】

S3になってレート初心者も減り、レート人口自体もかなり減ったように思え、レート差マッチすることもかなり多く、レートを上げることがかなり難しかったように感じたシーズンでした。次のシーズンは僕の好きなポケモンであるジュカインメガシンカが解禁されるので、使って頑張ろうと思います。

突然ですが僕の好きなポケモントップ3は1.フーディン 2.ジュカイン 3.サンダーです

今期の最高&最終レートは2009でした。

f:id:Secondpoke2047:20170517222713j:plain

f:id:Secondpoke2047:20170517222402p:plain

いつか2100行けたらいいなあ…

何か質問等あればコメント欄か僕のツイッター(@Secondpoke2047)(フォローください)

以上です。最後まで読んでくださりありがとうございました!

【SMS2使用構築】メガフーディン軸(仮)【最高2053/最終2035】

初投稿です(ブログ初心者)

セカンド(@Secondpoke2047)と申します。サンムーンS2お疲れ様でした。

サンムーンS2でORASの頃からの合計で3回目のレート2000を達成することができたので、そろそろ書いてみるか~と思って構築記事を書いてみることにしました。

パーティはこんな感じ 

f:id:Secondpoke2047:20170321171618p:plain

フーディン ハッサム ガブ・リアス

サンダー  エンテイ カプ・レヒレ

【個別紹介】

f:id:Secondpoke2047:20170321171846g:plain 

フーディン@フーディナイト

特性:マジックガード(メガ前)→トレース(メガ後)

性格:臆病

メガ前:143(100)-50(A個体値3)-92(212)-164(68)-116(4)-171(124)

メガ後:143(100)-50(A個体値3)-112(212)-204(68)-126(4)-204(124)

サイコキネシス  きあいだま

アンコール    まもる

ORASの頃からずっと使ってきたメガ枠としてメガフーディン

努力値調整

HBは意地っ張りA252ガブの逆鱗を低乱数切り耐え(6.3%)

厚い脂肪トレースで陽気A252マンムー地震+氷の礫耐え

威嚇トレースで意地っ張りA252メガマンダの捨て身耐え

意地っ張りA252メガガルーラの不意打ちも耐えます。(すべて急所は非考慮)

メガ前のマジックガードでステロで確定にされたりすることがないのが強い!

一応Hは16n-1

Dは余り 一応メガネコケコの10万ボルトぐらいまでは耐えます

Aはできるだけ低いほうが良いです(妥協)

Sはメガスピアーミミロップライボルトが未解禁だったので準速フェローチェ抜き

CはC=Sにすることでビーストブーストをトレースした時にCが上がる…ようにはしてあったのですが、環境にUBがほぼ残ってませんでした…

ORASの頃から火力がちょっと足りずに落とせないことが多かったので試験的にCにちょっと振ってみました。

ステロ+サイキネで無振りリザX、ウルガモス、ついでにアローが確定

無振りリザYが93.8%(C無振りだと75%)

無振りコケコが23.8%(ほぼ無理)あんまりいないがD下降補正なら確定

適応力サイキネで無振りメガルカリオ確定1

気合玉で無振りドリュウズゲッコウガポリゴンZマンムー確定1

ステロ+気合玉でH252ジバコイル、砂下H252バンギラス確定(メガギャラは中乱数)

ステロ+サイキネ+気合玉でH252奇跡ポリゴン2が落ちるので受け出しは許さない

親子愛トレース気合玉で無振りメガガルーラ確定1

(当たれば)

足りない火力は多少補うことができた感じはするがバシャーモ等意識で最速でよかった気もする。シーズン3からメガスピアーが流行る可能性がなくはないので尚更最速で良いと思います。

トレースが活きる場面が多く、霊獣ボルトや威嚇持ち、マルチスケイル、天候エースの特性や加速、変幻自在をトレースして優位に立ったり、親子愛や適応力、ダウンロードをトレースして火力アップ、再生力や自然回復やポイズンヒールをトレースして回復したり、悪戯心やムラッ気、天然をトレースしてまもるアンコールを活用することで害悪対策ができたりとかなり活躍してくれました。ちなみに化けの皮はトレースできません。ミミッキュズルい!

メガシンカしないで戦うことでマジックガードを使うことができるため、メガシンカのタイミングはかなり重要です。

僕からの信頼度も高かったので選出率もかなり高かったです。MVP1号。

ちなみに最速にして金縛りを入れれば、まもる金縛りで環境に多いスカーフテテフ等の素早さが勝っている拘り持ちを完封することができるのですが、気合玉が必要になる場面が多かったので入れることが出来ませんでした。また試してみようと思います。

f:id:Secondpoke2047:20170321182717g:plain

サンダー@ゴツゴツメット  ※シーズン序~中盤

特性:静電気

性格:図太い

191(204)-85(A個体値0)-148(236)-149(28)-111(4)-125(36)※王冠使用

ボルトチェンジ  ねっぷう

めざめるパワー氷 はねやすめ

サンダー@こだわりスカーフ ※シーズン後半

特性:プレッシャー

性格:控えめ

165-94(A個体値20)-106(4)-194(252)-110-152(252) ※王冠使用

10まんボルト ねっぷう

めざめるパワー氷 ボルトチェンジ

シーズン初めの頃は図太い静電気HBのサンダーを使っていたが、ガルーラが岩雪崩を持っていたり、ミミッキュに結局勝てなかったりだったので控えめスカーフに変更。

プレッシャースカーフはSがバレるので本来止めたほうが良いのですが、今となってはしょうがないです。

この枠は霊獣ボルトでもいい感じはしますが、霊獣ボルトより耐久があるのと、耐久型のブラフをかけることができるのと、単純にサンダーの方が見た目が好きだったり、第6世代の頃から使っていたので愛着がありサンダーを使用しました。

メガマンダやレヒレスイクンやカグヤ、ナットハッサム等に対して優秀なタイプで有利をとれ、ボルトチェンジで有利対面を取ったりできました。電気無効やミラコには注意

第6世代の頃はもうちょっとSを削って耐久に振って達人の帯で使ってましたが環境の変化により使いにくくなった感じがしました。ただスカーフだと動かしにくかったり起点になってしまったりイマイチ火力が足りなかったりした場面もあったのでもうちょっと色々試してみる必要がありそうです。

f:id:Secondpoke2047:20170321190657g:plain

ハッサムハッサムナイト

特性:テクニシャン→テクニシャン

性格:意地っ張り

メガ前:175(236)-182(124)-127(52)--112(92)-86(4)

メガ後:175(236)-204(124)-167(52)--132(92)-96(4)

バレットパンチ  とんぼがえり→ぶんまわす(シーズン終盤に変更)

つるぎのまい   はねやすめ

フーディンが選出できないときのメガ枠としてハッサムを採用。

主にミミッキュ、めざ炎のないテテフ、マンムーギルガルドメタグロスクレセリア辺りの相手をしてもらい、後述するレヒレと合わせて受けループ崩しにも使いました。

調整はポケモン実況者のグラさんの第6世代の頃のハッサムの丸パクリ

この枠はギルガルドだったりキリキザンだったりしましたが、ギルガルドは鋼タイプなのにミミッキュマンムーに勝てなかったり、キリキザンは不意打ちの弱体化が痛すぎたのとテテフのサイコフィールドのせいでそもそも不意打ちが出来なかったり耐久数値が足りなかったりしたので、メガ枠が余っていたこともありフーディンのアンコールで起点を作って剣舞からの先制技で前抜きすることを諦めハッサムを採用しました。

フーディンを選出することが多かったので相対的に選出率は低くなりましたが、相手の選出誘導という役割は果たしてくれたはずです。

シーズン終盤にとんぼがえりよりも悪技のほうが欲しい場面が多いように感じたのでぶんまわすに変更しましたが、ぶんまわすはPPがどろぼうより5低いので拘りが無ければどろぼうでいいです。

f:id:Secondpoke2047:20170321194701g:plain

エンテイとつげきチョッキ

特性:プレッシャー

性格:意地っ張り

201(84)-165(116)-106(4)--119(188)-135(116) ※王冠使用

せいなるほのお  ニトロチャージ

ストーンエッジ  じならし

フーディンを使う上で障害となるギルガルドハッサムテテフミミッキュ対策枠として採用。(ミミッキュに勝てるかは微妙なところ)

努力値調整

HDは控えめC252テテフのフィールド下サイキネ2耐え

控えめC252ランク+1ウルガモスのステロ+暴風Z耐え

臆病C252コケコのフィールド下10万ボルトZも当然耐えます(ワイボZは無理)

Aはニトチャからの聖炎で無振りテテフが落ちる程度

Sは最速70族抜き+ニトチャ一回で130族抜き

Bは余り

特殊相手に対する安定感と聖なる炎の交代先に掛ける5割やけどの負担がとにかく強かったです。ストーンエッジは気合で当てましょう。

相手がテテフパルで来そうなときには初手に投げてニトチャで素早さを上げて聖炎でテテフを倒し、その後パルが来て殻を破ってくるときにもう一回ニトチャを押して防御が下がった後のパルのエッジを当てることで突破することも出来ます。当たれば。

Dを下げてSを準速にして意地っ張りミミッキュを抜いたりニトチャ一回で控えめスカーフテテフを抜けたりするようにするのもありだと思います。

でもDを下げると安定感が失われそうな感じがしたのでこのままで使いました。

MVP2号。

f:id:Secondpoke2047:20170321201220g:plain

ガブリアスきあいのタスキ

特性:さめはだ

性格:陽気

183-182(252)-116(4)--105-169(252)

じしん      がんせきふうじ

ステルスロック  どくどく

ステロ撒きと地面枠として採用。

環境にフェアリーが増えすぎてASでももはや逆鱗はいらないのではと思い毒々採用。

誘いやすいポリ2カバクレセ辺りに刺せてよかったと思います。

出せそうな相手には大体選出してステロを撒いてフーディンを通していきました。

タスキガブなので無難な活躍をしてくれました。さすが主人公。

技枠がなかったので採用は見送りましたが、ほえるをいれるのもありだと思います。

第6世代の頃はライカガブと言われるASではなく耐久に振ってヤチェのみをもたせたガブリアスを使っていたのですが、ライカガブの意識しているガルーラの個体数が減り、フェアリー技で一撃で落とされる機会が多くなったので、タスキのほうが動かしやすいように思いました。

f:id:Secondpoke2047:20170321202740g:plain

カプ・レヒレ@カプZ

特性:ミストメイカー

性格:図太い

175(236)-72(A個体値2)-183(252)-115-150-108(20)※王冠使用

しおみず     ムーンフォース

しぜんのいかり  ちょうはつ

ドラゴン対策枠兼挑発とカプZによる耐久型崩し。

SはHを16n-1にした余り

この枠はもともとガブフーディンマリルリの並びで有名なマリルリだったのですが、

テテフミミッキュの出現によりマリルリの腹太鼓アクアジェットを通すことがかなり難しくなってしまったので、前述の通りキリキザンと同じように諦めて同タイプのレヒレにしたほうがパーティがうまく回ったように思いました。

かなりの耐久力に加えてカプZによる崩し性能も兼ね備えているので、とても便利で活躍してくれました。

このパーティ唯一の状態異常対策枠でもあるので、厄介そうなポケモンを見たときに選出することも多かったです。

塩水は肝心なときにパワーが足りないこともあったので波乗りのほうがいいかも?

個別紹介は以上です。

【BV紹介】

SSBW-WWWW-WWW6-8DSK(フーディンサンダーレヒレ)※サンダーがHB

ZLRG-WWWW-WWW6-8DTT(ガブフーディンエンテイ)

QV8G-WWWW-WWW6-BDV2(フーディンガブレヒレ)

U66W-WWWW-WWW6-8DZF(ガブフーディンサンダー)※アシキさん戦 動画にも採用されました

JXXW-WWWW-WWW6-8DRG(レヒレエンテイガブ)

3ABG-WWWW-WWW6-8DZk(ハッサムフーディンレヒレ)※対受けループ

勝手に公開してるので消してくれという声があればすぐ消します。

僕のツイッター(@Secondpoke2047)かこのブログのコメント欄にお願いします。

アップデートで以前のBVが見れなくなりました…

【総評】

選出はガブが出せそうなら基本先発ガブ

フーディンがいけそうならステロ撒いてフーディンで立ち回っていく

残りはサンダーエンテイレヒレの中で必要そうなやつといった感じ

初手マンムーゲッコウガ等ガブが明らかに無理そうな輩が来そうなら初手からフーディンで行ったりしていました。

メタグロスがいたら体感出されることが多かったので、フーディンは出さずにハッサムでいきました。

ドヒドイデ入りの受けループに当たったりしたときはハッサムフーディンレヒレのメガ同時選出で行くときもありました。その時はフーディンメガシンカせずに戦います。

メガシンカポケモンの両方が必要なさそうなときは選出しなかった時もありました。

相手にキノガッサを初手に出されたりすると厳しいことが多かったです。

催眠対策がレヒレしかいない上にレヒレもガッサに負けるので…

QRチームは公開してほしいという声がもしあれば公開します。

タイトルにもある通り今期の最高レートは2053、

f:id:Secondpoke2047:20170322153816j:plain

最終レートは2035でした。

f:id:Secondpoke2047:20170322153843p:plain

今後もフーディンを使った構築やその他もろもろでレート2100を目標に頑張っていきたいと思っています。

何か質問等あればコメント欄か僕のツイッター(@Secondpoke2047)まで

ブログ初心者なのでおかしなところがあれば言っていただけるととても嬉しいです。

以上です。拙い文章をここまで読んでくださりありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごあいさつ

はじめまして!セカンドと申します。このブログではポケモンのレート対戦やインターネット大会(主にシングル)で僕が使った構築を紹介していきたいと思っています。

僕は第6世代の頃からメガフーディンを使うのが好きなので、主にフーディンを使った構築の紹介を出来たら良いなと思っています。

今度ともよろしくお願いします。

このブログと同時にツイッターも初めたので(まだ使い方もいまいち分かってない)よかったらフォローお願いします。

セカンド@フーディニスト (@Secondpoke2047) | Twitter